*

平成18年式 プジョー206グリフ(Griffe) 乗車レポート


 
中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないのですが、それまでの走行や保存の状態でその個体差が大きく違うのが中古車です。
 
そういう意味で、とある中古車販売店の社長は「その中古車は世界に一台、出会いが大事」だと言っていました。確かにそうなのだろうと思います。
 
今回ご紹介するクルマは平成18年(2006年式)のプジョー206のグリフというグレードのクルマです。
 
206-1
プジョー 206 グリフ(Griffe)
 
プジョーはご存知フランスの自動車メーカーで、世界最古の量産メーカーということですね。この辺りの世界最古とか世界で最初とかの話ではダイムラー・ベンツとどっちが先だ論争が盛り上がっていた記憶もあります。
 
写真のクルマは実際に私が以前所有していたクルマで、現在から数えて3台前の愛車ということになります。それまでS2000とかBMWの3シリーズとかに乗っていて、206にした途端に車線で割り込まれて驚いたという記憶があります。
 
外観を見るとそういった威圧感のないコンパクトカーの装いですが、フランス車には国産とは違うお洒落感があります。
 
普段からクルマは軽くてパワーがあった方が良いと考えている私でしたが、長いことスポーツカーに乗っていた反動がこの時は出てきて、ちょっぴりラグジー(ラグジュアリー)に乗ってみたくなったために、屋根がガラスになっているこのグリフにしたのでした。
 
実際には革張りシートとアルミホイール付きの車種がグリフしかなかったということで、革張りシートとアルミの装着したクルマを選ぶと、もれなく屋根がガラスになってくるという購入当時の商品ラインナップでした。
 
206-2
個人的な好みとしてはこの後どんどん目尻がとんがっていくプジョーのフロントフェイスがあまり好きではありません。
 
エンジンは1.6リッター、屋根がガラスの上にATだったということもあって、マニアが言うところのプジョーの乗り味が実現できているかは不明ですが、なかなかどうして気持ちよく走ってくれました。
 
決して低くない車高の上、屋根が重いので運動性能が懸念されるところですが、ロールはするけれどしっかりと粘ったコーナリングをしてくれます。これをプジョー乗りは猫足と呼んでいるようですが、ジャガーも猫足だと言う人がいます。猫のようにしなやかな足ということですね。
 
フランスのコンパクトカーらしくローギヤードでキビキビと走ってくれるのですが、すでに5速が主流だったのにも関わらず珍しい印象の4速ATで、加えてその変速タイミングが扱いづらかったです。手動変速も出来るようになってはいるのですが、私としてはあまり使い心地がよくありませんでした。
 
206-3
信号待ちから発信して50〜60km/hくらいのスピードで巡航しようとすると3速からなかなか4速に入らなくて、巡航してアクセルを戻すと簡単に変速する国産車やギヤ数が多いドイツ車に比べて気になるところでした。
 
しかし低速ではキビキビ走って、そこそこスピードがノッてきても結構快適です。直進安定性はドイツ車ほどではないかも知れませんがそれでも安定しています。
 
ガソリンはハイオク仕様で実走燃費は大体10km/Lくらいといったところで、その前に乗っていたBMWの320iとあまり変わらない印象でした。
 
206-4
メーター類はシンプルですが見やすいです。革巻きステアリングも派手じゃなく質感は高いけれどシンプル、といった感じが好きでした。
 
内装はシックにお洒落で質感も手触りもよく、この車格にしてはとても高い満足度だと思います。
 
206-5
納車の時に乗り込む前にいきなり写真を撮り始めたので養生がされたままです。
 
オーディオもエアコン類もコントロールはしやすいです。CDは連装でしたが何連装だったかは忘れてしまいました。シートは質感が高くホールド感も良い感じで、大きな身体の人が乗っても窮屈なイメージなく乗れると感じる座面のカッティングでした。
 
褒めてばかりですが難点を言えば、左ハンドルだったクルマのハンドルだけ右につけた、なんていうとちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、ワイパーの向きやペダルなどにやっつけ感があります。
 
しかしそういったこところも踏まえて愛してあげられなければフランスのクルマなんか乗っちゃあいけませんw日本のクルマのように良い意味でも悪い意味でも80点といった平均点のクルマではなく、50点のところもあれば120点と感じるところもある、そういった楽しみ方をして欲しいと思います。
 
大きな車格ではないですが、お洒落で質感が高く走りも楽しい、プジョー206グリフはそういったクルマでした。
 
 
世界にたった1台、という愛車との出会いを求めている方の参考になれば幸いです。
 
 
現在の在庫車の情報を毎日更新!ガリバーの中古車検索!
221616.com【ガリバー中古車検索(在庫)】
 
 


今乗っているクルマを高く売るのなら!【必見!】自動車買取は相場を知り、より高く売る方法がお得

Adsense

関連記事

中古のオープンカーを探す過程でいろいろ感じたこと

  そんなこんなで現在進行形で探しているオープン2シーターなのです。   上記

記事を読む

cross UP!

サイズが大きく高価になる日本の軽自動車と、注目されている欧州コンパクト、どっちが良いの?!

平成26年に行われた税制改正で、平成27年4月以降に新規登録する軽自動車の自動車税が増税

記事を読む

パレット1

【試乗記】平成24年式 スズキ パレットSW

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

軽のターボ車を中古で購入する際に注意すること

人気が増すばかりの軽自動車だけれど 普通車に比べて圧倒的に維持費が掛からないということで、年々増え

記事を読む

クリーンディーゼルが魅力のSUV、マツダCX-5の新旧動画を絡めてインプレッション

画像はスクリーンショットです。     今回はマツダの人気SUV「CX-5」のインプレ

記事を読む

平成16年式 アルファロメオ 147 1.6TS MT 乗車レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

エアウェイブ04

平成18年式 ホンダエアウェイブ 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

アイ2

【試乗記】平成19年式 三菱 i(アイ)

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

平成22年式 BMW 325i ツーリング 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じでは

記事を読む

Adsense

Adsense

ヘッドライト曇り01
あなたの車、ヘッドライトは曇っていませんか?

  ご無沙汰しています。3年以上も更新していませんでした

エアウェイブ04
平成18年式 ホンダエアウェイブ 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密

平成22年式 BMW 325i ツーリング 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありませ

実用的で、デザインも今となっては個性的なヤングクラシックと呼ばれるジャンルが人気!

  みなさんはヤングクラシックというクルマのジャンルをご存じです

東京モーターショー 2015も開幕しました。ということで思うこと。

画像はスクリーンショットです。   10月29日から東京有明の

プリウスというマジョリティカー(動画あり)

中古車で買ったプリウス初体験の人の多くが、「発進できない〜

フォルクスワーゲンの排ガス試験に不正があった件について「また米からか」と思っちゃった

フォルクスワーゲンが排ガス試験時に不正に働くソフトウェアを

cross UP!
サイズが大きく高価になる日本の軽自動車と、注目されている欧州コンパクト、どっちが良いの?!

平成26年に行われた税制改正で、平成27年4月以降に新規登

F1レーサーのカート動画を見て、ある女性タレントとのエピソードを思い出した。

画像はスクリーンショットです。 随分と前の事になりますがレー

南房総の海沿いでテスラ(Tesla)の充電ができるカフェを見つけた。

上の画像はスクリーンショットです。   仕事の都合で行った南房

→もっと見る

PAGE TOP ↑