*

中古のオープンカーを探す過程でいろいろ感じたこと




 
S2-1
そんなこんなで現在進行形で探しているオープン2シーターなのです。
 
上記の言葉で終わった前回記事の「オープンカーの中古車が買いたいけれど」でしたが、未だ決定的な出会いには至っていない私の愛車となるべきクルマです。当然のごとく個体差がありますが、それでも探している過程でいくつかの共通した傾向に気づきましたので、その辺りを今回はご紹介したいと思います。
 

乗りたい時が欲しい時!そして欲しい時が買い時!

という私と同じような考えを持っている方がどのくらいいらっしゃるのかは不明ですが、クルマ好きで機械式時計好きでカメラ好きなんていう“典型的な男の子”は私と近い思考なのではないかと、勝手に推測していますw
 
何度もしつこいようですが、いきなりこの記事を読む方もいるかもしれませんので一応お話しておきますと、私は今オープン2シーターの旧い車を探しているのですが、旧めのクルマで、特にキャンバストップの中古車を探していて感じたことがあります。
 

旧めのオープン2シーター

私ははじめ「アルファロメオ スパイダー」がカッコイイと思って探していたのですが、タマ数(出回っている台数)が少なくてなかなか検討に値するクルマには出会えませんでした。というのも白、シルバー、黒の順でクルマのボディカラーを決めている私にとってアルファは赤が多かったりという理由もあるのです。たまに出てくる黒は良い個体のクルマも比較的多いようですが、私のタイミングではこれまで出会えていません。
 
やはり絶対的流通量が少ないので良い出会いの確率は少ないです。そうこうしているうちに、他の車種も検討材料に加えようかと考えたのがFF(フロントエンジンフロント駆動)のアルファに対してFR(フロントエンジンリア駆動)のBMWのZシリーズです。しかしZ4ではマニュアル設定が無いために、マニュアルミッションにこだわるならば旧型であるZ3になります。
 
速いとか遅いとかはともかく、圧倒的に運転が楽しいのはマニュアルですのでZ3になります。それと昔からの外車屋で現在はレース屋をやっている友人から強く推された国産「ユーノス・ロードスター」と、そして最近ではかなりお値段もお安くなってきた「ポルシェ ボクスター」も選択肢の中に加えました。
 
実際に購入できるかは運も予算も無ければいけませんけれど、やはり遊びクルマに私の現在の経済状況では多くのお金は掛けられません。ただ問題は安く買うことが出来ても、すぐに故障してあとで修理費にお金をつぎ込まないといけない状況になるのは出来るかぎり避けたいという希望もあります。
 
しかし個人的には旧めのアルファを探し始めた時点で、ある程度は覚悟しているつもりでしたし、それこそ「雨漏り上等!」くらいの気持ちでもいましたから運を天に任せるような気持ちでもいました。まさかその随分前の状態で「お預け状態」になるとも思いもよりませんでしたがw
 
S2-2
 

車種限定だけれど気づいたことを…

友人知人のプロの意見、そして自分でもいろいろ見て上記車種に限定して気づいたことをザックリとあげてみたいと思います。
 
機関
エンジンを始めとしたクルマの基本的な部分に関しては、あとで掛かるかもしれない修理費などのことも踏まえないとしても、やはり国産のユーノス・ロードスターがタマ数も多いので良い個体は探しやすいです。しかしユーノス・ロードスターについてはイジリ物(改造車)も多いので、サーキットなどを多く走った個体などでは修復歴がなくても車体に歪みが出ていることもあるので注意が必要です。
 
私は程度にもよりますけれど修復歴などはあまり気にしませんが、気にされる方は見極められる人に相談されたほうが良いでしょうね。
 
輸入車ではBMWZ3は意外と程度が悪くない印象です。ただ特有のマイナートラブルやメーター内の警告灯がみんな点いちゃうなんていうクルマが多いですね。ボクスターも安定した個体が多い気がしますが、壊れた時の部品代はボクスターだけど“ポルシェ”だよ、と友人には言われました。あと他の候補車に比べると税金が高いです。アルファは運任せかとw
 
幌を含めた外観
オープンカーでは気になりがちな幌の状態ですが、ここをあまり気にする人はちょっと旧いオープンは向いていないと言わざるを得ませんが、そう言ってしまうと元も子もないので、過去の車両保管状況などによってある程度の差があることを予めご了承頂きながら、中古車として出回っているクルマの傾向をお話します。
 
ユーノスロードスターの幌は全くと言って良い程期待は出来ませんね。特に旧いNAとかNBとかのクルマでは幌交換前提で買った方が良いとほとんどの業者は口を揃えます。私の印象では輸入車、なかでもドイツ車の幌は丈夫な印象で、陽に当たり続けて縮んでしまったりしてウェザーストリップのところに隙間が出来やすくなっている個体はありますが、キャンバス自体はまったく心配ない物が多いですので雨対策もしやすい気はします。
 
リヤのウィンドスクリーンに関しては、どの車種も無事なものがあれば凄く運が良いと思うくらいのレベルで期待できません。そんな中ボクスターは保存状態の良い部類の個体が多いのですが、ガレージ保管だったクルマが多いのかも知れません。
 
価格帯
これはやはりタマ数も多く新車販売時の価格も安めのユーノス・ロードスターが安価です。オープンカーに関しては走行距離や保管状態などがマチマチなので自分の中にしっかりとした“モノサシ”を持つ必要があると思います。距離と保管状態は他の車種にも言えるのですがオープンカーはより顕著に現れます。
 
どれが楽しいか
どれに乗っても間違いなく楽しいと思います。
 
イメージとしてはユーノス・ロードスターとBMWはFRということで、FRスポーツの乗り味が楽しめます。個人的にはFRスポーツが楽しさという点では一番だと思っています。比較するとユーノス・ロードスターの方が軽快な印象がありますが、一般道をそれほどスピードを上げずに楽しむのであれば輸入車のほうが魅力は大きい気はします。
 
あとは輸入車の場合左ハンドル車が多いので、多くのゲートパーキングや交差点の右折時、また停車中の路線バスなどを追い越す際の視認性は悪いです。ミッドシップのボクスターは堅い印象ですが、他の候補車と比べると車格がワンランク上ですからその分の満足感は大きいでしょうね。
 
アルファに関してはFFの車種では特に高速走行についてはどうということは無いかもしれませんが、アルファの特徴である「タバコ屋の角を曲がってもスポーツ」という部分と特有のスタイリングが好きな人であれば満足できるでしょう。
 
通常ならば断然輸入車のほうが個性的で楽しいと言い切ってしまうのですが、ユーノス・ロードスターは肩を並べられるほど個性的で魅力的だと思います。ただあまりスピードを上げない状態でのスポーツ感ということでは間違いなく輸入車に軍配が上がるところだと思います。あと高速道路を100キロでずっと走り続けるような場面ではドイツ車が圧倒的に優れていると思います。
 
 
遊びのクルマなので自分が好きなクルマを買うのが一番良いのですが、私目線で見て感じたことを綴ってみました。
 
 
現在の在庫車の情報を毎日更新!ガリバーの中古車検索!
221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
 
 
にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
にほんブログ村
 
 

Adsense

関連記事

平成16年式 アルファロメオ 147 1.6TS MT 乗車レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

cross UP!

サイズが大きく高価になる日本の軽自動車と、注目されている欧州コンパクト、どっちが良いの?!

平成26年に行われた税制改正で、平成27年4月以降に新規登録する軽自動車の自動車税が増税

記事を読む

パレット1

【試乗記】平成24年式 スズキ パレットSW

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

クリーンディーゼルが魅力のSUV、マツダCX-5の新旧動画を絡めてインプレッション

画像はスクリーンショットです。     今回はマツダの人気SUV「CX-5」のインプレ

記事を読む

軽のターボ車を中古で購入する際に注意すること

人気が増すばかりの軽自動車だけれど 普通車に比べて圧倒的に維持費が掛からないということで、年々増え

記事を読む

206-1

平成18年式 プジョー206グリフ(Griffe) 乗車レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

アイ2

【試乗記】平成19年式 三菱 i(アイ)

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

平成22年式 BMW 325i ツーリング 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じでは

記事を読む

エアウェイブ04

平成18年式 ホンダエアウェイブ 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

Adsense

Adsense

ヘッドライト曇り01
あなたの車、ヘッドライトは曇っていませんか?

  ご無沙汰しています。3年以上も更新していませんでした

エアウェイブ04
平成18年式 ホンダエアウェイブ 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密

平成22年式 BMW 325i ツーリング 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありませ

実用的で、デザインも今となっては個性的なヤングクラシックと呼ばれるジャンルが人気!

  みなさんはヤングクラシックというクルマのジャンルをご存じです

東京モーターショー 2015も開幕しました。ということで思うこと。

画像はスクリーンショットです。   10月29日から東京有明の

プリウスというマジョリティカー(動画あり)

中古車で買ったプリウス初体験の人の多くが、「発進できない〜

フォルクスワーゲンの排ガス試験に不正があった件について「また米からか」と思っちゃった

フォルクスワーゲンが排ガス試験時に不正に働くソフトウェアを

cross UP!
サイズが大きく高価になる日本の軽自動車と、注目されている欧州コンパクト、どっちが良いの?!

平成26年に行われた税制改正で、平成27年4月以降に新規登

F1レーサーのカート動画を見て、ある女性タレントとのエピソードを思い出した。

画像はスクリーンショットです。 随分と前の事になりますがレー

南房総の海沿いでテスラ(Tesla)の充電ができるカフェを見つけた。

上の画像はスクリーンショットです。   仕事の都合で行った南房

→もっと見る

PAGE TOP ↑