*

クリーンディーゼルが魅力のSUV、マツダCX-5の新旧動画を絡めてインプレッション

CX-5
画像はスクリーンショットです。
 
221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
 
今回はマツダの人気SUV「CX-5」のインプレッションを記事にしようと思ったのですが、試乗車の写真が用意できませんでしたので、これまでと違った形で動画を絡めてご紹介したいと思います。
 
マツダCX-5は2012年の登場からとても注目されている車種で、クリーンディーゼルというキーワードとともに走りが良いというイメージがあると思います。私が試乗したのは2013年3月のクルマで、その後現在まで3度ほど車種の追加や消費税に伴う価格変更などを行っています。
 
試乗前に想像していたのは、走りが良いと言ってもSUVというジャンルから想像できる目線の高さからくる不安定な印象でした。しかし走りだしてみると剛性感があってしっかりと安定しています。
 
私が乗ったのはAT仕様の2.2Lディーゼルでしたが、ディーゼルらしくトルクフルでストレスのない加速をしてくれます。ハイブリッドとは違い、車重がそれほど重くないので前述した剛性の高いボディと相まって、少し固い印象はありますがとてもキビキビと走ります。
 
日本でディーゼルというと「うるさくて黒い煙をモクモク吐いて遅い」という印象がまだまだあるかも知れませんが、そんなイメージははっきり言って時代遅れだと断言できるモノです。
 
欧州ではかなり前からディーゼルに対する意識が高まっているにも関わらず日本で印象が良くないのは、実はハイブリッドが成功しすぎてディーゼルに対する意識の向上が遅れたためではないかと思います。
 
これは売れないから売らない、という各メーカーの対応にもその要因があったでしょうし、ディーゼルよりはハイブリッドという新し目な言葉遣いが日本人に好かれたためだと思います。
 
私は以前からこのサイトでさんざん語っていますが、車重が重すぎるのはよろしくないのです。それとバッテリーの廃棄問題もまだまだと言わざるを得ませんし、良い機構だとは思いますけれど、あまりにハイブリッドを持ち上げ過ぎてしまうのも如何なものかとも思うわけです。
 
そういった意味でやっとですが、クリーンディーゼルが注目されるようになってきたのは嬉しい事です。これによってまた業界も前進することでしょう。
 
随分前に公開された古い動画になりますが、その辺りを特集している動画がマツダの公式動画にありましたので、あえて今取り上げてみたいと思います。
 
2012年3月20日 テレビ北海道「北海道エココンシャス」CX-5特集|Mazda Channel

 
マツダCX-5、走行性能は文句なく楽しいと思わせてくれるもので、目的地に遠回りして行きたくなるような気持ちにさせてくれますが、私個人の感想としては難点がないわけではありません。
 
アイドリングストップの後の再始動時やちょっとエンジン回転がバラける場面では、間違いなくディーゼル特有の振動はあります。そしてディーゼルエンジンは開発などに関わる費用がガソリンエンジン車よりも掛かるために少し割高になってしまいます。
 
しかしハイブリッドも同格のガソリン車よりも間違いなく割高なので、あまり気にしてはいけないところかも知れません。
 
そして私が何よりも不満なのは外装も内装もチープだということです。このクルマをどの車格に置くのかにはいろいろな意見があるかと思いますが、ライバルと目される国内外のクルマに比べると明らかに安っぽく感じてしまいます。
 
ここを充実させると、ただでさえ割高になってしまうクリーンディーゼルの価格が、さらに高騰するという懸念があるからなのかも知れませんがこの辺りは残念でした。6速マニュアル車なども用意されていて、走りに向けてのこだわりはとても伝わってきますが、プレミアム感が足りない、足りなすぎる。
 
そう感じたのでした。
 
しかしそれも個性です。なんでも平均点を取ろうとするようなクルマよりも、特徴がはっきりしているクルマのほうが素晴らしく感じますし個人的には大好きです。
 
クリーンディーゼルで走りを楽しむ、手頃なSUVなら間違いなくオススメできるクルマです。
 
 
それでは思い思いの楽しいカーライフを送りましょう。
 
 
現在の在庫車の情報を毎日更新!ガリバーの中古車検索!
221616.com【ガリバー中古車検索(在庫)】
 
 
今乗っているクルマを高く売るのなら!【必見!】自動車買取は相場を知り、より高く売る方法がお得

Adsense

関連記事

アイ2

【試乗記】平成19年式 三菱 i(アイ)

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

軽のターボ車を中古で購入する際に注意すること

人気が増すばかりの軽自動車だけれど 普通車に比べて圧倒的に維持費が掛からないということで、年々増え

記事を読む

cross UP!

サイズが大きく高価になる日本の軽自動車と、注目されている欧州コンパクト、どっちが良いの?!

平成26年に行われた税制改正で、平成27年4月以降に新規登録する軽自動車の自動車税が増税

記事を読む

中古のオープンカーを探す過程でいろいろ感じたこと

  そんなこんなで現在進行形で探しているオープン2シーターなのです。   上記

記事を読む

エアウェイブ04

平成18年式 ホンダエアウェイブ 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

平成22年式 BMW 325i ツーリング 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じでは

記事を読む

206-1

平成18年式 プジョー206グリフ(Griffe) 乗車レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

平成16年式 アルファロメオ 147 1.6TS MT 乗車レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

パレット1

【試乗記】平成24年式 スズキ パレットSW

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密に言うと新車も同じではないので

記事を読む

Adsense

Adsense

ヘッドライト曇り01
あなたの車、ヘッドライトは曇っていませんか?

  ご無沙汰しています。3年以上も更新していませんでした

エアウェイブ04
平成18年式 ホンダエアウェイブ 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありません。厳密

平成22年式 BMW 325i ツーリング 試乗レポート

  中古車は新車とは違い、まったく同じ状態の車はありませ

実用的で、デザインも今となっては個性的なヤングクラシックと呼ばれるジャンルが人気!

  みなさんはヤングクラシックというクルマのジャンルをご存じです

東京モーターショー 2015も開幕しました。ということで思うこと。

画像はスクリーンショットです。   10月29日から東京有明の

プリウスというマジョリティカー(動画あり)

中古車で買ったプリウス初体験の人の多くが、「発進できない〜

フォルクスワーゲンの排ガス試験に不正があった件について「また米からか」と思っちゃった

フォルクスワーゲンが排ガス試験時に不正に働くソフトウェアを

cross UP!
サイズが大きく高価になる日本の軽自動車と、注目されている欧州コンパクト、どっちが良いの?!

平成26年に行われた税制改正で、平成27年4月以降に新規登

F1レーサーのカート動画を見て、ある女性タレントとのエピソードを思い出した。

画像はスクリーンショットです。 随分と前の事になりますがレー

南房総の海沿いでテスラ(Tesla)の充電ができるカフェを見つけた。

上の画像はスクリーンショットです。   仕事の都合で行った南房

→もっと見る

PAGE TOP ↑